疲れ目をマッサージやストレッチで解消します

疲れ目を解消し視力回復を助けるマッサージやストレッチの方法は!?

現代人の眼精疲労はかなりのものになっているという発表もあり、特に先進国に住む人達にそれは顕著です。

 

眼精疲労の一番の根源を考えてみると、パソコンの普及というのが最もな原因になるのではないでしょうか。

 

プライベートにビジネスと今では毎日パソコンを使っているという人は非常に多く、最近ではこれに携帯電話やスマートフォンまでもが加わったのです。

 

それほど目を酷使する現代人なので、目のケアについてはしっかりと考えなければならないといえるでしょう。

 

簡単にできる目に良いマッサージやストレッチもありますので、それらの方法を覚えて目をいたわり、目の健康を維持しましょう。

 

 まずは目の疲れをとるとされるツボを刺激するのも効果的で、目を強く閉じてから目を見開き、顔を動かさずに視線だけを左に向けます。

 

 今度は視線を先ほどと同じように右に向け、同じことを上下でも行います。

 

 これらをゆっくりと二回、三回ほど行うだけでも目のツボを刺激するストレッチとして成り立ってしまうのです。

 

 

誰でも簡単に実践できる方法で会社のイスに座りながらでもできるので、事務作業などで終始パソコンの前に座っているような人にも向いています。

 

 

自分でできる目の疲れ軽減のツボ

 

また、目の周りにあるツボを手で直接刺激するようなマッサージもあります。

 

四白(しはく)と呼ばれる瞳の下の骨の真中から指一本分程度下にあるくぼみにこのツボは存在します。

 

晴明(せいめい)という目頭の内側にある鼻の付け根のくぼみのツボも目元が疲れた際のマッサージをする場所として知られています。
こちらもちょっとした一手間で可能な効果的なマッサージなので、ぜひ実践してみるとよいでしょう。

 

まだまだ簡単にできる目に良いマッサージやストレッチはたくさんあって、こめかみを3秒程度圧迫し離す、これを数回繰り返すだけでも目疲れに効果があり、こちらの方法は目の疲れと重なりやすい頭痛にも効果がある方法です。

 

目の疲れは目の周りの筋肉の緊張が原因となることが多いので、目の周りの筋肉を意識しつつ瞳を色々な方向に動かすことが大切です。

 

このような動作を目を酷使する時間帯に上手に取り入れてあげると、目の疲れを軽減させることができます。

 

また、これらはあくまでも目の疲れを軽減するためのストレッチやマッサージなので、目の疲れの根本についてしっかりと考えることも大切ということを忘れないようにしましょう。
目に良い栄養素を取り入れてみたり、目を酷使する時間帯を少なくしてみたりと、少しの工夫で色々な対策ができるはずです。

 

こういったマッサージと並行して行うと効果が高いのが視力回復トレーニングです。

 

1日わずか5分で早ければ1か月で効果がでてしまうプロのスポーツ選手も取り入れている方法です。

 

 

 

 

>>1日わずか5分で視力を回復する方法はコチラ<<

 

よく読まれている人気記事