視力回復に効果のあるビタミンなら

【あまり知られていない】目の疲れを回復するビタミン

目に良いと世に売り出される商品を見て、結局どれが一番いいのとわからなくなるということはありませんか?

 

その悩みを手っ取り早く解決できるのがサプリメントですが、どこそこにどう効くのかもパッケージの説明だけだとわかりづらかったりしますよね。

 

今回は視力回復に効果があるとされるビタミンを、その効果も添えて紹介致します。

 

 

 

ビタミンA

 

網膜の視細胞を構成する物質として利用されます。

 

ここは明暗や色彩を判別する箇所で、ビタミンAが不足すると暗い所で目が見えない“とり目”になるほか、ビタミンAは粘膜の生成にも使われるため、他の眼病を誘発する恐れもあります。

 

これを摂ると上記の予防や発がん抑制効果、お肌のハリつやまで取り戻せます。

 

1日の適量は女性ならば0.8mg、男性は1mgとなります。

 

 

 

ビタミンB1

 

栄養素は分解されなければ体内に吸収されません。

 

ビタミンB1はその栄養素のうち、糖質を分解し吸収を補う働きを持ちます。
糖質は脳や神経の栄養源として使われるもので、ビタミンB1が不足すると燃料不足になり、目からの情報伝達がうまくいかなくなります。

 

ビタミンB1の摂取で糖質がきちんと代謝されるようになり、全身の細胞に充分なエネルギーが行きわたります。
そのため、筋肉の疲労回復にも効果があります。
目も同様で、眼球内外の筋肉をほぐしてくれることで、眼精疲労を和らげてくれます。

 

1日の適量は女性1?1.1mg、男性1.3?1.4mgとなります。

 

 

 

ビタミンB2

 

ビタミンB2には脂質の代謝を助ける作用があり、肌や粘膜の状態を正常にする働きがあります。

 

不足してくると口内炎や舌の炎症、角膜や結膜も荒れやすくなります。
血中の余分な資質も除去してくれるので、眼球周りの血管を正常化することで充血の改善も期待でき、ついで以上の効果として動脈硬化も防いでくれます。

 

こちらの適量は女性1.2mg、男性1.4?1.6mgです。

 

 

 

ビタミンB群は目に作用するものが多く、他にも

 

たんぱく質代謝を補うビタミンB6

 

(適量 女性1.4mg 男性1.2mg)

 

目に栄養を送り込む血液を増やすビタミンB12

 

(適量 男女2.4μg)

 

 

等があります。

 

 

 

以上が目に優しいビタミン群の一例です。

 

規則正しい食生活やサプリ選びに参考になればと思います。

 

しかし、実はビタミンを摂取するよりも視力を回復させる方法があります。

 

それが1日10分トレーニングするだけで視力を上げることができる視力回復トレーニングです。

 

目にいいビタミンを摂りつつこの方法を試せばより効果的でしょう。

 

 

 

>>サプリメント以外で視力を回復する方法はコチラ<<

 

 

よく読まれている人気記事