視力回復トレーニングで有名なワックの効果は?

眼科の視力回復とレーニングで有名なワック(wac)の本当の効果は!?

眼科で行う視力回復トレーニングの中でも有名な方法にワックと呼ばれるトレーニング方法があります。

 

かなり有名な方法なので、子供にワックを受けさせたいがどの程度の効果があるかが心配という人もいるでしょう。

 

そもそもワックと何かという方もいらっしゃるかと思われますので、ワックについて説明してみます。

 

 

ワックを使って行うトレーニング内容

 

ワックは大きなレンズを覗き、その中に映し出される画像を5分程度眺めるというもので、望遠鏡を5分覗くというような感じをイメージするとわかりやすいかと思います。

 

こちらのレンズは専門器具となっており基本的に眼科にしか設置されていないので、定期的にトレーニングに眼科に通う必要があります。

 

次にワックの効果についてみてみると、ワックには間接的に毛様体筋を刺激して目の緊張を解きほぐす効果があるとされ、眼精疲労を緩和したり、内側に寄ってしまった視線を平行に保つ効果もあるとされます。

 

毛様体筋の刺激で目の緊張を解きほぐすという点は、その他の視力回復トレーニングでも多く用いられている部分なので、ワックによってこれらの効果を得ることができれば視力回復効果を得られる可能性は出てきました。

 

 

ワックの意外な落とし穴

 

しかし、ワックでの視力回復には意外な落とし穴もあって、ワックの効果には検査に効果があるという言葉がよく用いられます。

 

さらにこのワックの正式名称は両眼視簡易検査器となって、どこにも治療という文字は使われていません。
視力検査では目の状態が緊張していると、本来の視力よりも悪い状態で記録されることがあります。

 

そこでワックを利用して目の緊張をよくほぐして視力検査をすることによって、本来の視力がしっかりと記録されるというわけです。

 

これは目が緊張していない状態の本来の視力を計測しただけであって、厳密には視力回復ということとは違うのです。

 

眼精疲労が酷い人がワックを利用して、疲労軽減に努めた場合は、一時的に視力が回復したような状態を体験することもありますが、再び眼精疲労が溜まってくるとまた目が緊張した状態になるので、結局はワック利用前の視力に戻ってしまうというわけです。

 

ワックに視力回復効果があるかどうかの結論ですが、ワックは眼科が患者の正しい視力を測るために用いるものであって、根本的な視力回復効果は備えていないということになります。

 

眼科からワックを使って様子見をしましょう、という助言はあくまでも本来の視力を測るための様子見であって、これによって視力が回復するのを待っているというわけではなかったのです。

 

そんなワックにお金をかけるのではなく、本当に視力を回復させたいのであれば迷わず自宅でできる視力回復トレーニングを実践するべきです。
実際にプロのスポーツ選手も取り入れているほどの成果です。

 

わずか1日13分を2か月続けるだけで視力が0.3〜1.2まで回復した方法を知りたいと思いませんか?

 

 

 

>>1日13分で視力が0.3〜1.2まで回復した方法はコチラ<<

 

よく読まれている人気記事