視力回復の方法・比較なら

成長期の子供って視力が低下しやすいって本当!?

最近街中を見ると、携帯ゲーム機や電話にくぎ付けの子供をよく見かけます。

 

それも時代の流れと言われればそれまでですが、子供の目にはあまりいいものではありません。

 

平成24年に文部科学省によって 「裸眼視力1.0未満の児童」の割合が調査されました。

 

それを昭和54年からの数値と比較した場合、

 

 

 

 

幼稚園

16%→28%

小学校

18%→31%

中学校

35%→54%

高校

53%→64%

 

と明らかに視力の悪い人の割合が多くなっており、若年であるほど顕著になっています。

 

 

そもそも視力が下がっている状態とはどんな状態なのでしょうか。

 

通常、水晶体(レンズ)を通り、網膜(フィルム)に映し出されます。
このカメラの仕組みに似た一連の流れが物を見るということです。
普段水晶体は伸び縮みをしてピントを合わせていますが、調節がうまくいかなくなると網膜に映る像がぼやけてしまいます。
これが目が悪くなった状態、今回の場合であれば近視であるということを指します。

 

 

先述した“ゲームが目に悪い”という話ですが、本当にいけないのは「長時間一点を見続けること」です。

 

ピント調整の必要がないために、水晶体周りの筋肉が凝り固まってしまうことで、本来の調節機能が弱くなってしまうためです。

 

人は誰しも環境に適応する能力を持っています。

 

この適応力が発揮されるのは成長期、若年であればそれはより高いものになります。

 

小さい頃から一点を注視する生活習慣に適応してしまった、これが子供の視力が下がりやすいと言われる理由です。

 

 

視力をどうにかする方法としてメガネやコンタクトがありますが、その他の方法として、視力回復トレーニングというものがあります。

 

適応力は成長期に発揮されると先に述べました。
この場合は悪習慣として述べていましたが、本来適応力は習慣の良し悪しを選びません。逆に目にとって良い習慣も成長期であれば適応できるのです。

 

残念ながらトレーニングではメガネのようにすぐに視力の数値を上げることや、元来備わっている視力以上に数値を上げることはできませんが、成長期の適応力という武器があれば、本来の視力を取り戻すということは十分に可能です。

 

視力が落ちるのが早い成長期であれば逆にまた視力回復の効果が早いのも成長期の特徴です。

 

子供の未来を考えれば視力を回復するのは早い方がいいに決まっています。

 

効果のある視力回復トレーニングで子供の目を親が守ってあげましょう。

 

 

 

>>手遅れになるまえに!?子供の視力を回復する方法<<

 

 

よく読まれている人気記事