レーシックには恐い合併症・後遺症があります

レーシックの合併症で苦労している人がいるって本当!?

レーシック手術が一般的に認知されるようになればなるほど、皆さんが知らなければならないのはレーシックにおける危険性です。

 

レーシックの危険性としては合併症という部分が大きなリスクになるのですが、レーシックが原因で発症する合併症には様々なものがあるので、レーシックに関心がある場合は把握しておくとよいでしょう。

 

レーシックは角膜を手術するため、角膜に関連した様々な合併症を引き起こす可能性があるとされています。

 

事実、多くのレーシック患者がドライアイを発症しており、グレアというものが二重に見えたりする症状も確認されています。

 

視力低下、フラップのしわ、乱視、角膜拡張、飛蚊症など簡単にレーシックの合併症として発症することがある症状を上げただけでもこれだけあるのです。

 

また、これらに深いかかわりを持つ言葉としてレーシック難民という言葉があります。

 

このレーシック難民の意味は、レーシック手術を受けて合併症をはじめとした様々な問題や症状が発生しているのにもかかわらずに、適切な治療を受けることができずにそのままの状態になってしまっている人達のことをいいます。
行き場を失い路頭に迷っている人達、まさに難民という言葉がぴったりです。

 

強度遠視でレーシックを行う注意点

 

次に強度遠視をわずらっていてレーシックを受けようとする人達の注意点なのですが、一昔前まではレーシックでの強度遠視矯正は難しいとされており、ほとんどのクリニックに手術を断られてしまうということが当たり前にありました。

 

しかし、近年の技術の進歩によって強度遠視治療に高い効果を発揮するとされる方法の開発などによって、強度遠視矯正のためのレーシックを受け入れるクリニックも増えてきたのです。
これによって新たな問題も発生していて、いくら画期的な技術が開発されたからといっても、強度遠視の矯正手術が難しいことには変わりはありません。

 

このため、強度遠視矯正のためのレーシック手術失敗による合併症の発生、またはレーシック難民などが問題になってきているのです。

 

レーシックは高い確立を持った視力回復手段として知られていますが、視力を回復させ過ぎるという点も問題になることがあります。
レーシック手術を受けて、遠くのものは見えるようになったが、近くのものが見えにくくなった、これも立派な合併症のひとつで強度遠視になってしまうというものです。
このような問題もあるため、熟練の専門医が在籍するクリニックにてカウンセリングを重ねて、どの程度の視力が適正なのかを見極めるということも大切です。

 

レーシックは必ず成功するとは限りません。

 

失敗の可能性を秘めている危険なレーシック手術ではなくもしメスを使わない視力回復方法があるとすれば試してみたいと思いませんか?

 

実は、プロのスポーツ選手などが取り入れている短期間で視力が回復するトレーニング方法があります。

 

下記を参考にしてみてください。

 

 

 

>>1日13分、たった2か月で視力を1.2までアップさせる方法はコチラ<<

 

 

レーシックによって引き起こされる恐い合併症・後遺症関連ページ

20歳未満はできない!?
レーシックのよくある疑問を解決します。 20歳未満は手術を受けることができないのでしょうか? 気になる方は当サイトをご覧ください。
レーシックの費用
視力矯正手術であるレーシックにかかる費用の紹介です。レーシックっていろいろ種類があるし、値段も手術によって異なるので迷ってしまいますよね?そんな方はこちらのページをご覧ください。
レーシックの安全性は!?
人気のレーシック手術は本当に安全なのでしょうか? 表に出ないだけで失敗や副作用などの症状が出ている人は多くいます。 当サイトではそんなレーシックの安全性についてに書いています。
怖いレーシック手術の失敗
レーシックの失敗例をネットで探してもなかなかでてきません。しかし、実際には失敗している人はいます。ここではそんなレーシックの失敗例を紹介しています。レーシック手術を考えている方は一度ご覧ください。
レーシック手術で結膜炎
レーシック手術を受けようと考えている方はその手術ちょっと待ってください。レーシック手術には怖い病気や副作用があることをご存じですか。ここではこんな怖いレーシックの病気の一つ、結膜炎について紹介します。
ハロ・グレア現象とは!?
レーシック手術後に起こるハログレアに関してのページです。レーシック手術後に起きる副作用について知らない方は参考にしてみてください。
レーシックで夜間視力低下
レーシックを受けた方なら分かる方も多いと思いますがレーシックを受けると夜間視力が低下し、夜間に車などを運転することが困難になってしまう場合もあります。ここではレーシックによる夜間視力の低下を解説しています。
レーシック後遺症、見えすぎで頭痛!?
レーシックの後遺症はこれまでで数多く報告されています。中でも視力が予想以上に良くなってしまって見えすぎることによって頭が痛くなったり、めまいがするという症状も報告されています。
レーシックでドライアイに!?
レーシックの後遺症にはさまざまな症状があります。その中の一つでドライアイで目がすぐに疲れやすくなるという症状もあります。ここではレーシックのドライアイについての記事です。
レーシック後視力が出なかったりぼやけてしまう
レーシック手術を受けたが視力が思ったほど出なかったりぼやけてしまうことはあるといいます。実際にそんなことが起こるのでしょうか。レーシックに関する気になる疑問を解決します。
レーシックのデメリットとメリット
レーシックに代表する視力回復手術のメリットとデメリットをまとめました。レーシック手術を考えている人はこちらをご覧ください。思わぬデメリットが見つかるはずです。
イントラレーシックとレーシック手術の違い
レーシックには大きく分けて2つのタイプがあります。イントラレーシックとレーシックに分けられるのですが、この違いがどういったところなのでしょうか。このページで紹介します。
品川近視クリニックの資料請求をしてみた
品川近視クリニックの資料請求をしてみました。品川近視クリニックはどんな手術を行うのか、興味があるけど怖い・・・そんな方はこちらをご覧ください。