レーシック手術について

レーシック手術は本当に安全!?

日本のレーシックの歴史は2000年にエキシマレーザー装置が医療機器の承認を受けたことから始まりました。

 

レーシックは角膜屈折率矯正手術といって、角膜の表面を薄く切って、フラップを作りそれをめくります。

 

フラップがめくられると角膜実質層が露出しますので、そこにエキシマレーザーを照射することによって角膜の一部を蒸発させます。
これによって角膜中央部が薄くなるため角膜の屈曲率が調整され近視が矯正されるのです。
視力が安定するまでが1週間から1ヶ月程度でかかり、90%以上もの人が裸眼で視力1.0以上の状態になるというものです。

 

このような説明だけを聞けば、レーシックは非常に効果の高い手術という印象を持つかと思いますが、レーシックを考えるならばレーシックの危険性についても知っておかなければならないといえます。

 

レーシックで起こりうる合併症

 

まずレーシックの危険性として絶対に把握しておきたいのは合併症の存在です。
中にはこの合併症によって悲惨な思いをした人もいるので、十分に注意したいものです。

 

レーシックの合併症として考えられる症状は複数あり、もっとも一般的なのがドライアイの発症で、ある調査によれば手術後にドライアイを発生する確率は30%以上というような数字が出されていたりもします。

 

また、手術による屈折異常によって、ものが二重に見えたり重なったり、コントラストが低下したりする、グレアという症状があらわれることもあります。

 

深刻な合併症ともなると、手術前よりも視力が低下してしまうような例もあります。

 

レーシックで深刻な合併症を発生する確率は1%未満とも言われていますが、この数字を低いと認識するか高いと認識するかは人それぞれでしょう。

 

仮に0.1%の確立だったとしても、1万人のうち10人は深刻な合併症になってしまうという数字なのです。

 

さらにレーシックのリスクは合併症だけではなく、パイロットの受験資格に制限があったり、保険加入時のリスクのひとつとして取り上げられてしまうこともあります。

 

レーシックブームで乱立した危険なクリニック

 

また、レーシックの危険性を高めてしまっている要因のひとつとして、クリニックの乱立というような点もあります。

 

上に書いたレーシックで深刻な合併症になる確率の1%未満というのは、あくまでも熟練した専門医が手術に臨んでの数字です。
レーシックがもてはやされているという部分もあり、その波に乗ろうと様々なクリニックがレーシック手術に参入しています。

 

考えたくはないのですが、その中には適切な手術をする技術を持たないクリニックまであるのです。

 

最近ではネットの普及により徐々にレーシックの副作用の被害などが個人のブログなどからも知ることができるようになりました。

 

1度手を加えると治せない恐ろしいレーシック手術を受けるより、メスをいれることなく視力回復できるトレーニング方が今注目されています。

 

自宅でトレーニングできるので子供にもピッタリです。

 

 

 

 

>>手術なしで自宅で視力回復する方法はコチラ<<

【危険】レーシック手術の本当の安全性は!?関連ページ

20歳未満はできない!?
レーシックのよくある疑問を解決します。 20歳未満は手術を受けることができないのでしょうか? 気になる方は当サイトをご覧ください。
レーシックの費用
視力矯正手術であるレーシックにかかる費用の紹介です。レーシックっていろいろ種類があるし、値段も手術によって異なるので迷ってしまいますよね?そんな方はこちらのページをご覧ください。
レーシックの合併症・後遺症
視力を簡単に解決できる手段としてよく知られているレーシック手術ですが、恐ろしい合併症や後遺症があるのはご存知でしょうか? 当サイトではそんなレーシックの恐い合併症・後遺症を紹介します。
怖いレーシック手術の失敗
レーシックの失敗例をネットで探してもなかなかでてきません。しかし、実際には失敗している人はいます。ここではそんなレーシックの失敗例を紹介しています。レーシック手術を考えている方は一度ご覧ください。
レーシック手術で結膜炎
レーシック手術を受けようと考えている方はその手術ちょっと待ってください。レーシック手術には怖い病気や副作用があることをご存じですか。ここではこんな怖いレーシックの病気の一つ、結膜炎について紹介します。
ハロ・グレア現象とは!?
レーシック手術後に起こるハログレアに関してのページです。レーシック手術後に起きる副作用について知らない方は参考にしてみてください。
レーシックで夜間視力低下
レーシックを受けた方なら分かる方も多いと思いますがレーシックを受けると夜間視力が低下し、夜間に車などを運転することが困難になってしまう場合もあります。ここではレーシックによる夜間視力の低下を解説しています。
レーシック後遺症、見えすぎで頭痛!?
レーシックの後遺症はこれまでで数多く報告されています。中でも視力が予想以上に良くなってしまって見えすぎることによって頭が痛くなったり、めまいがするという症状も報告されています。
レーシックでドライアイに!?
レーシックの後遺症にはさまざまな症状があります。その中の一つでドライアイで目がすぐに疲れやすくなるという症状もあります。ここではレーシックのドライアイについての記事です。
レーシック後視力が出なかったりぼやけてしまう
レーシック手術を受けたが視力が思ったほど出なかったりぼやけてしまうことはあるといいます。実際にそんなことが起こるのでしょうか。レーシックに関する気になる疑問を解決します。
レーシックのデメリットとメリット
レーシックに代表する視力回復手術のメリットとデメリットをまとめました。レーシック手術を考えている人はこちらをご覧ください。思わぬデメリットが見つかるはずです。
イントラレーシックとレーシック手術の違い
レーシックには大きく分けて2つのタイプがあります。イントラレーシックとレーシックに分けられるのですが、この違いがどういったところなのでしょうか。このページで紹介します。
品川近視クリニックの資料請求をしてみた
品川近視クリニックの資料請求をしてみました。品川近視クリニックはどんな手術を行うのか、興味があるけど怖い・・・そんな方はこちらをご覧ください。