子供への視力は遺伝した!子供の視力の低下を防ぐ8つの対策方法

子供への視力は遺伝した!子供の視力の低下を防ぐ8つの対策方法

現在、医学的には両親の視力が子供に遺伝するかははっきりとは解明されていません。

 

とはいうものの、視力は遺伝すると考えられている説が有力です。

 

子供がいて、自分の視力が悪いと子供に遺伝するか心配ですよね。

 

ですが、たとえ両親の視力の悪さが遺伝してしまったとしてもあきらめる必要がありません。

 

子供の視力低下の初期であれば、食事やサプリ、家でのトレーニングなどの生活習慣、薬などで視力低下を防ぐことが可能です。

 

大事な子供にできれば手術はさせたくないですよね。

 

この記事で、家や病院できる視力回復、視力低下を防ぐ対策方法8つを紹介します。

 

目次

 

視力は2つの原因により遺伝すると考えられる

視力が遺伝するかは、医学的にもはっきりとは明らかになっていない状態です。

 

ですが、視力が遺伝すると考えられている原因が以下の2つあります。

 

  • 目の形状を遺伝しピントが合いにくくなる軸性近視(レーシック以外に矯正方法はない)
  • 親と似た生活習慣を送ることで起きる環境要因の近視

 

遺伝による視力の低下は6歳ごろから表れ始めますが防ぐことはできません。

 

ですが、自分の子供の視力が低下したからと言ってあきらめる必要はありません。

 

以下のように、年々子供の視力が低下しているデータを見ると、日々の生活習慣の環境による視力低下の影響の方が大きいと言えるでしょう。

 

参照:https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H5A_S6A120C1CR8000/
上記のグラフを見てもわかる通り、1979年の裸眼視力1.0未満の子供は17.9%に対して、2015年には26.8%までにも増加しています。

 

幼稚園児の視力低下も進んでいて、目の負担となる近くを集中して見続けるスマホやテレビゲーム、携帯ゲームの普及によって外で遊ぶ時間が低下したことが大きな原因と見られています。

 

やはり、明確な医学的なデータこそないものの、この調査結果を見ると環境的な要因が大きいと言えそうですよね。

 

だから、両親が近視だからといってあきらめずに、子供の視力が低下しにくい生活環境に変えることが大事なんです。

 

さらに、子供の場合は、ゲームや勉強などによって一時的に遠くを見る目の調節機能が低下してしまう仮性近視の場合が多いのも特徴です。

 

仮性近視であれば、早めに対策を行えば目の調節機能が回復し、元の視力を取り戻せる可能性も高いです。

 

そこで、子供の視力低下が心配になった時に、家で親が子供にできる視力低下を防ぐ対策方法を8つ紹介していくので参考にしてください。

 

▲目次に戻る

 

 

親が近視の人は注意!子供が近視にならないための8つの対策方法

親が子供にしてあげられる視力対策方法は以下の8つあります。

 

  • 食べ物
  • 視力サプリ
  • 視力回復トレーニング
  • 生活習慣の改善
  • 病院の目薬
  • 病院のワック
  • 眼鏡
  • レーシック
  • オルソケラトジー

 

子供の視力低下を防ぐ前提として、子供の視力に不安を感じたら眼科でまずは視力の検査をしましょう。

 

具体的に子供の視力低下を疑う以下の4つのサインがあれば要注意です。

 

  • 学校の視力検査で再検査の判定が出る
  • 目を細める
  • 目つきが悪くなる
  • テレビや本、ゲームの画面の目との距離が違い

 

子供に視力の低下の確認をしても、子供には自分の視力が低下し見えづらくなっているかどうか自体がわからないため、見えていなくても見えると答えます。

 

そのため、眼科の視力検査によって、眼鏡をかけさせることで視力が悪いことを初めて自覚できるようになるんです。

 

子供の場合、初期の近視(仮性近視)であれば、すぐに対策すれば回復することも多いです。

 

子供が学校で、視力検査に引っかかったり、ゲームなどに熱中している時間が長かったり、目を細めたりなど視力低下を疑う行動を取ったら視力検査を行い低下しているようであれば、すぐに対策を取りましょう。

 

その前提のうえで、子供にできる視力回復法と低下を防ぐ方法は、病院での対策と家での対策の2つに分けることができます。

 

中でも一番おすすめは、ゲームの時間を抑えさせたり、読者やゲームの時の画面から目を離させるなどの視力低下の原因となる生活習慣の改善対策。

 

それと並行して、副作用なく目の疲れを取れる自宅で行う視力回復トレーニング。

 

病院での視力回復治療は、金銭的な問題や副作用のリスクもあることを考慮に入れる必要があります。

 

それでは、以下で子供ができる視力回復方法について一つずつ解説していきます。

 

家でできる視力低下を防ぐ4つの対策方法

家でできる視力低下を防ぐ対策方法は4つありますが、全部大事です。

 

  • 食べ物
  • 視力サプリ
  • 視力回復トレーニング
  • 生活習慣の改善

 

一見、部屋を明るくしたり、画面を近くで見すぎないなどの生活習慣の改善は当たり前と考える人も多いでしょう。

 

ですが、視力が悪くなるような環境での生活の癖を治す以外に根本的な解決方法はありません。

 

生活習慣の改善はもちろん、家でできる対策方法を全部行ったうえで一番おすすめが、視力回復トレーニング。

 

視力回復トレーニングなら高額な費用がかかることもなく、自宅で子供と一緒に目の疲れを取る毛様体筋をほぐすトレーニングを行えます。

 

以下で詳しく解説していきます。

 

▲目次に戻る

 

子供の視力回復に効果的な食べ物

野菜、果物には目の酷使によって壊された細胞を修復したり、毛様体筋という目の焦点を合わせる筋肉の疲れを取る役割があります。

 

目の細胞を修復:ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンA、アントシアニン、亜鉛、マグネシウム、
目の筋肉の疲れを取る:アスタキサンチン

 

これらの栄養素が含まれた食材は以下です。

 

にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、ブルーベリー、リンゴ、イチゴ、なす、ブドウ、黒ゴマ、黒豆、紅鮭、いくら

 

これらの栄養素を積極的に摂取すべきですが、すべての食材を毎食バランスよく摂取できれば理想だがそうはいかないのが現実でしょう。

 

そこで、足りない分の栄養素は、以下で解説する視力サプリもおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

食事で補えない栄養素が配合された視力サプリ

毎日の食事で補えない分は視力サプリで補うのも効果的な方法です。

 

視力サプリを選ぶ際に必要なのが目にいい栄養素がしっかりと配合されているかという点。
以下の6つの栄養素がしっかりと配合されているかを確認するといいでしょう。

 

アントシアニン、アスタキサンチン、クロセチン、ルテイン、亜鉛、ベータカロテンなどのビタミン

 

上記の栄養素をバランスよく配合した人気サプリは以下になります。

 

めなりの公式サイトを確認する

 

視力回復サプリの選び方や種類について、もっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

 

目の疲れに効くサプリ

 

▲目次に戻る

 

自宅で簡単にできる視力回復トレーニング

視力回復トレーニングは自宅で親子でできて初期の視力低下であれば回復する可能性も高いので一番おすすめな方法です。

 

視力回復トレーニングであれば眼科に通う必要もないため、副作用もなく毎日できます。

 

子供の大好きなテレビゲームなんかをやりすぎると目のピントがゲームの距離に合ってしまい、遠くを見る調節機能が衰えてしまいます。

 

この目の調節機能を回復させながら、目の筋肉の疲れをなくす働きがあるんです。

 

学校で視力検査に初めてひっかかった子供にはまずおすすめしたい対策方法です。

 

視力回復トレーニングで一番おすすめはアイトレーニングです。

 

▲目次に戻る

 

視力を低下させる原因となる生活習慣の改善

子供の視力低下が心配な人、学校の視力検査でひっかかった子供にはまず行ってほしい対策です。

 

子供の生活で、以下の4つに気を付けるようにしましょう。

 

  • 本やゲーム、勉強などは30センチ程度目を離し正しい姿勢で行う。
  • 暗いところでやらないことで、目を適度に離すことができる
  • 近くを見続ける勉強やゲームは1時間に10分程度休憩をする
  • 外で遊ぶ時間を増やす

 

いくら、別の方法で視力を回復してもこの生活習慣が改善しない限り、再度近視は進行していきます。

 

そのため、生活習慣による視力低下の根本原因を改善することが一番大事だと言えるんです。

 

▲目次に戻る

 

病院での5つの視力回復治療

以下の5つの病院での治療は、費用が高い治療法や副作用があり、扱いに難しい治療まで多くあります。

 

  • 病院の目薬
  • 病院のワック
  • 眼鏡
  • レーシック
  • オルソケラトジー

 

医師と相談して取り組むのは当然ですが、視力が低下したら眼鏡は使用させるべきでしょう。

 

眼鏡は嫌がる両親も多いですが、眼鏡をかけるデメリットよりもメリットの方が多いのです。

 

その他の治療は、副作用もあるのでお医者さんと相談の上、治療を検討すべきです。

 

▲目次に戻る

 

目薬

眼科で処方される目薬には、ミドリンmと1%アトロピン点眼薬の2つがあります。

 

どちらも、副作用があるため医者と相談のうえで治療すべきでしょう。

 

ミドリン

ミドリンmは、1日1回寝る前に使用します。

 

子供の近視に多い近くのものを見すぎて目のピントの調節機能を行う毛様体筋が固まってしまった状態を解消する効果があります。

 

 

仮性近視は長時間同じものを見続けてピントの調節が機能しなくなったのを解消させるため、瞳を広げ目の緊張を和らげます。

 

だいたい、2〜3か月使用して効果が得られないなら使用を中止する流れが多くなります。

 

ミドリンmを使用すると、瞳が広がる散瞳効果があるため、5〜6時間ピントが合いづらくなってしまいます。

 

そのため日中の使用はできず寝る前のみの使用となります。

 

また、頭痛や、目の充血、瞳が開くためまぶしく感じる症状等あるため、使用する際は副作用を理解しましょう。

 

1%アトロピン点眼治療

1%アトロピン点眼治療は、遠くを見るためのピント調節を行う筋肉の毛様体筋が凝った状態を弛緩させ、近視の進行を抑える効果があります。

 

1%アトロピン点眼での治療には2年間すすめられています。

 

ミドリンmと1%アトロピン点眼目薬のどちらにも、視力回復効果はありません。

 

あくまでも近視の進行を抑えるのみとなります。

 

▲目次に戻る

 

ワック

ワックは自宅でできる視力回復トレーニングのように、近視の原因となる目の筋肉の疲れを病院で解消できるマシンです。

 

雲霧法(うんむほう)とよばれ、機械に映し出される風景を10分程度見るだけです。

 

近視は目のピントを調節するレンズが近くのものを見続けている状態で固まる状態です。

 

これをワックを使い遠くを見る訓練をすることで、徐々に疲れている筋肉を休めもとの遠くを見る機能を取り戻していくことができるようになります。

 

ワックを毎日行えば効果はありますが、眼科でしかできないため、通い続けなければいけないデメリットがあります。

 

そのために、途中で飽きてやめてしまう子供も多いのが実情です。

 

効果が出るのは個人差があるが3か月以上を続けるのがおすすめです。

 

▲目次に戻る

 

眼鏡

視力低下を放っとくとかえって進行すしてしまいます。

 

そのために、早めに子供に合った度数の眼鏡を作るべきです。

 

眼鏡をかけると視力低下すると心配している人も多いかもしれませんが、正しい使い方をすればそんなことはまったくありません。

 

眼鏡は、近視によって遠くが見にくくったのを助ける役割を担います。

 

そのため、眼鏡をかけて近くを見続けるゲームなどを長時間行うと視力がかえって低下してしまうんです。

 

つまり、学校の授業や遠くを見る機会のみ眼鏡をかければ視力低下の原因にはなりえないといえます。

 

▲目次に戻る

 

レーシックは18歳からしか受けられないため子供は不可

日本眼科学会によると、安全性を考慮し18歳以上からしか手術を受けられません。

 

また、18歳以上であっても親の同意がないとレーシック手術をできない点も注意が必要です。。

 

▲目次に戻る

 

オルソケラトジー

日本眼科医会、日本眼科学会、日本コンタクトレンズ学会はオルソケラトジーによる施術を20歳以上としているが、病院によっては4歳から受けられるところもあります。

 

副作用として、合併症の恐れもあるため、医師とよく相談してから検討するべきでしょう。

 

▲目次に戻る

 

 

まとめ

視力は遺伝するものの日々の近視になりやすい生活習慣による環境要因の方が圧倒的に大きいと言えます。

 

そのため、近視の進行が進みやすい20歳までをどう過ごすかによって子供の視力が大きく変わると言えるでしょう。

 

両親が近視で子供の視力に心配がある人は、この記事にある対策方法で子供の視力低下を防ぎましょう。

 

中でもおすすめは、子供が学校で視力検査にひっかかったら、すぐに思い当たる生活習慣を改善しながら視力回復トレーニングを自宅で子供と一緒に実践すること。

 

視力低下の根本原因となる生活習慣を改善しながら、視力回復トレーニングを自宅でできるので、毎日子供と一緒に実践することができます。

 

 

>>子供の視力が1.0まで上がった視力回復方法<<

 

▲目次に戻る

 

よく読まれている人気記事