川村明宏のジニアスアイ

川村明宏のジニアスアイ

川村博士の視力回復法ジニアスアイ(ジニアスeye)は、トレーニング数も多いので、1つのトレーニングをずっと続けるのが苦手な人にはオススメです。

 

このページでは、ジニアスアイの川村明宏についての解説や、ジニアスアイのトレーニング方法や口コミ、視力回復への効果について詳しく解説します。

 

ジニアスアイの公式サイトを見る

 

このサイトで実践してみたジニアスアイの視力回復体験レビューは以下の記事をご覧ください。

 

ジニアスアイを購入した体験談を見る

 

ジニアスアイの著者、川村明宏先生について

視力回復方法ジニアスアイの著者、川村明宏先生は新日本速読研究会会長という肩書きがあります。

 

視力低下や視力回復に関する研究を30年以上行い、日米などでジニアス速読、脳トレーニング、視力回復トレーニングプログラム、コンピューターソフトの著書を多数執筆しています。

 

川村明宏先生のアメリカ版速読術「eyeQ」はアメリカ国内シェアNo.1を獲得しました。

 

川村明宏先生は日米や中国で速読、速聴、視力回復に関する特許、商標を多数持ち、申請中の技術も多数あります。

 

川村明宏先生は主に速読で実績の高い方ですが、視力回復教材「14間視力回復プログラム川村明宏ジニアスeye」も有名です。

 

多くの功績が認められ、2002年に社会文化功労賞を受賞されています。

 

任天堂DSのビデオゲーム「目で右脳を鍛えるDS速読術」シリーズの監修も川村明宏先生が行っています。

 

名前は知らなくても川村氏の恩恵を受けている方は意外と多いのではないでしょうか。

 

 

ジニアスアイのトレーニング法

ジニアスアイの詳しいトレーニング法は、著作権の都合もあり公開されていません。

 

しかしそれで高額な視力回復教材を購入するのは不安があると思います。

 

ここではジニアスアイのトレーニング法の概要をご紹介します。

 

ジニアスアイは「眼筋」のトレーニングに主力を置いています。

 

「なぜ速読の専門家が視力回復教材を?」という疑問も、これで回答になるのではないでしょうか。

 

速読は早く文字を追いかける目が不可欠です。

 

目を素早く動かすには眼筋を発達させる必要があります。

 

ジニアスアイで眼筋訓練を行うことで素早くピントを合わせることができ、結果的に視力も改善すると考えられます。

 

眼筋を動かすことで目の血行が良くなり、目の疲れも軽減します。

 

ジニアスアイのマニュアルの巻末に記載されている会員サイトへログインし、眼筋を鍛える様々なプログラムをこなしていきます。

 

ジニアスアイのプログラムは1回2〜3分ほど。
目が疲れない限り、何度でもチャレンジできます。

 

ジニアスアイには採点システムがあり、目標スコアの40目指してトレーニングを重ねましょう。

 

多くの方は2週間ほどで40スコアをクリアできるようになります。

 

 

ジニアスアイで視力回復した人の過去の実績

2008年に販売開始したジニアスアイは、現在まで15,000人以上が利用しています。

 

ジニアスアイの公式では何パーセントの方が視力回復に成功したかの公開はありませんが、多くの方が視力回復を実感できたと報告があります。

 

ただ、ジニアスアイで強い近眼がいきなり14日で大幅改善!という結果はなかなか生まれません。(中には劇的に改善した方もいます)

 

ジニアスアイは魔法ではなく、眼筋トレーニング法の一つです。
今まで運動らしい運動をしていない方が、いきなりフルマラソンを完走できるわけがないように、時間をかけてじっくりと取り組む必要があります。

 

14日という期間にこだわらず、長期間ジニアスアイに取り組むほうが賢明です。

 

ジニアスアイに取り組む期間が長ければ長いほど、より高い視力回復への効果が実感できるでしょう。

 

 

ジニアスアイに危険はないのか

ジニアスアイは眼筋を鍛える特訓です。

 

特訓と聞くとジニアスアイの安全性は問題ないのかと不安になるかもしれません。

 

しかし、ジニアスアイはパソコンの画面でトレーニングを行うだけなので、危険なことは全くありません。

 

ムキになって毎日毎日、目が疲れているのに長時間ジニアスアイのトレーニングを続ける、という極端なことさえしなければ、副作用はありません。

 

何事もそうですが、極端なことをしたり、逆に怠けて何日も放り出したり、というのは止めたほうが無難です。

 

きちんとジニアスアイの視力回復効果を発揮させるためにも、毎日適度に続けましょう。

 

ジニアスアイならレーシック手術のようなリスクもなく、視力回復が期待できます。

 

 

ジニアスアイはどんな人に合う教材か?

ジニアスアイは、お子さまからご高齢の方まで誰でも簡単にトレーニングができます。

 

パソコンでインターネットを楽しめる方なら、誰でも取り組めます。

 

特にジニアスアイが合う方は、以下のような方です。

 

・レーシック手術をする前に、できるだけ自力で視力を上げたい方
・スポーツに打ち込んでいる方
・メガネやコンタクトから卒業したい、又は使いたくない方
・自衛隊など、野外活動が多い職場の方

 

ジニアスアイに限らず、視力回復のアイトレーニングにチャレンジする方に多いのは「レーシック手術を受ける前に、ダメもとでやってみた」方です。

 

レーシック手術も安価にはなっていますが、かつては数十万円ほどかかる高額な手術でした。

 

しかも眼球を削ってしまうのでドライアイなど副作用が起こりやすいことも知られています。

 

レーシックはせっかく手術したのに数年で再び視力が低下する、ということも珍しくありません。

 

怖い思いと高額な費用をかけて、元の黙阿弥では洒落になりません。

 

ジニアスアイは、わずか2万円弱で視力の改善が期待できる教材です。

 

スポーツマンは視力だけでなく、動体視力も重要です。

 

ジニアスアイは速読術をもとに作られた教材なので、動体視力アップにも効果を発揮します。

 

自衛隊や消防士など、危険を伴う野外活動をされる方にもジニアスアイはお勧めです。

 

これらの現場で目が悪い、というのは致命的なミスを誘発しかねません。

 

目が悪いというだけで一瞬の判断が遅れ、生死に関わる事故につながることもあるからです。

 

ジニアスアイの公式サイトを見る

 

 

ジニアスアイの価格

 

ジニアスアイはアマゾンや楽天でも購入可能?

川村明宏博士のジニアスアイの商材はAmazonでの販売はありません。(川村氏の著書は多数販売されています)

 

楽天では以前はジニアスアイが販売されていましたが、現在は販売店がありません。

 

そのため、ジニアスアイの公式サイトから購入するのが一番です。

 

ジニアスアイの公式サイトの値段ではPDFダウンロード版、冊子配送版とも税込み19,800円です。

 

ジニアスアイの公式サイトでは以下の特典があります。

 

・365日返金保証(条件あり)
・光アイグラス作成キットのオマケ
・視力回復トレーニング14日間間アクションプログラム

 

ジニアスアイの公式以外で購入すると、これらの特典が受けられないおそれがあります。

 

ジニアスアイは決して安価な教材ではありませんが、365日も返金保証期間があるのは心強いでしょう。

 

それだけジニアスアイの教材の内容に自信がある証拠です。

 

ジニアスアイのトレーニングに使用する光アイグラスとは、紙に穴を開けた目隠しのようなものです。

 

視界が狭くなり、より強化した訓練に取り組めます。

 

視界を狭くすることで、眼筋を緩めてリラックスできる作用もあります。

 

ジニアスアイの視力回復14日間トレーニングは、2週間で視力回復が期待できる最短プログラムです。

 

もちろんジニアスアイの会員サイトで気の赴くままに訓練しても良いですが、これに沿ってトレーニングを行えば、より効率よく効果が実感できるでしょう。

 

ジニアスeye公式サイトは以下をご覧ください。

 

ジニアスアイの公式サイトを見る

 

 

ジニアスアイの全額返金保証の内容と申請方法

ジニアスアイは365日以内なら全額返金保証されます。

 

ただし以下の条件をクリアしないといけません。

 

・90日間、毎日実践すること。
・365日以内に保証手続きをすること。

 

ジニアスアイの返金を依頼する場合はメールで行います。
所定のアドレスに「返金希望」というタイトルで、本文に氏名、購入時のメールアドレスを記載します。

 

後日、ジニアスアイの事務所より返答があるので、その後に教材を所定の住所に返送します。(DL版はハードディスクから削除)

 

ジニアスアイの返送代、配送事務手数料は客側の負担になるので注意しましょう。

 

返金は毎日5日(土日祝の場合は前後します)になります。

 

 

視力回復教材ならアイトレーニングがおすすめ

ジニアスEYEも非常に優れた視力回復教材ですが、結果は個人差が激しいのが実状です。

 

中にはジニアスアイで子供も大人も全く近視への視力回復効果がなかった、という評価や情報もあり、万人受けする内容ではないかもしれません。

 

14日で視力回復と唱わず、じっくり続ければある程度の視力回復効果が出ることが多いので、その点ではジニアスアイは惜しい教材です。

 

一方、田中謹也氏のアイトレーニングは価格も比較的安価(公式サイトで16,800円)で、しかもトレーニングやサービスを受けた方の90%以上が視力回復をしています。

 

まずはアイトレーニングからチャレンジすると良いと思います。

 

アイトレーニングの公式サイトを見る

 

視力回復アイトレーニングの詳しい視力回復への効果やトレーニング内容、口コミ体験談などの他の情報は以下のページをチェックしてください。

 

アイトレーニング 田中謹也 詳細ページ

 

 

ジニアスアイの口コミ

最後に、ジニアスアイの口コミを一部ご紹介します。

 

ケース1(小学3年生の母より)
息子の視力が右0.2、左0.5まで低下。息子の将来を悲観して眠れない夜を過ごすこともあった。
同級生がジニアスアイで訓練してメガネなどの視力矯正に頼らず視力回復したとの話を聞き、ジニアスアイトレーニングサイトでチャレンジすることに。

 

ジニアスアイで目の筋肉を鍛えた結果、右1.2、左1.5まで回復し、メガネ回避に成功した。

 

ケース2(男性 28歳)
右0.03、左0.01という強度の近眼で、メガネが手放せなくなっていた。
レーシック手術はどうしてもイヤだったのでジニアスアイを試すことに。
結果、視力測定で左右とも0.8まで回復し、メガネを卒業することができた。

 

ケース3(女性 63歳)
定年後、パソコンを使う機会が増えて視力が大幅に低下した状態に。
自分のまぶたが開かず、ドライアイの傾向もあり。

 

初めは疲れるのでジニアスアイを1日1回のみ、1週間後から1日2回に増やしてトレーニングを重ねる。
すると2週間後、視力回復テストで右0.6から0.8へ、左0.3から0.7に回復。

 

しかも、まぶたが少し開き、涙がスムーズに出るようになった。

 

※ケース3の方は視力回復よりもドライアイ改善に感激し、ジニアスアイが根治が難しいドライアイ改善の糸口になるのではないかと主張している。