【ネタバレ】田中謹也のアイトレーニングの口コミ・レビューなら

ネタバレ!?アイトレーニングの中身を公開

 

 

商材名 アイトレーニング 田中謹也
価格 15800円
返金保証 180日間 返金保証付き

 

 

口コミでも一番人気と言っても間違いではないアイトレーニングのメリットは

 

 視力回復教材の中で一番特典が充実している(ブロックストリングスや音声付など)

 

 視力回復教材の中で一番値段が安い

 

 180日間であれば全額返金してもらえる(※アマゾン版ではなし)

 

これらのメリットや特典などをこれから画像付でレビューしていきます。

 

待ちに待った田中謹也のアイトレーニングが到着!

 

首を長くして待っていた田中謹也のアイトレーニングが到着しました。

 

 

 

早速、中を開けてみたいと思います。

 

 

 

中を空けるとテキストとCD、ブロックストリングス(使ってみた感想はコチラ)、視力チェック表、ごあいさつが入っていました。

 

 

視力チェック表です。

 

 

お礼のあいさつとトレーニングシートなどをダウンロードできるURLが記載されていました。

 

 

 

 

CDの裏面です。

 

アイトレーニングのテキストの中身をネタバレ公開!

 

ここからはテキストの中身を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

目次です。
テキストは全81ページあります。

 

前半が視力回復についての基礎知識、後半がブロックストリングスを用いた視力回復トレーニング方法の解説になります。

 

 

 

 

前半はかなり専門的知識が多い印象を受けました。

 

ただ、極力難しい単語を避け図解などを使いながらわかりやすく説明されています。

 

 

 

 

眼科の「もう少し様子を見ましょう」の本当の意味を知っていますか?

 

もう少しこのまま経過を見て視力は回復せずに低下してくるので、その時にはメガネにしましょう

 

こう言っているのと変わらない治療をされるのが眼科です。

 

視力が低下した状態で眼科医の言うとおり放置するのは絶対にやめた方がいいですね。

 

 

 

 

視力回復のトレーニング法として、遠近トレーニング法や雲霧法、遠方凝視訓練法、輻輳解散法などが有名ですが

 

たとえば輻輳解散法は市販の視力回復本「マジカルアイ」の原理と同じでより目のような目の使い方をすることで普段使わないようなピント調節を行うので視力が上がることもありますが毛様体筋に直接影響を与えるようなトレーニングでないため効果が薄れてしまいます。

 

このようにどのトレーニングも一長一短ありますがすべてのトレーニングの効果を持ち合わせたのがこの教材のブロックストリングスを用いたトレーニング方法です。

 

 

 

 

ブルーベリーが視力回復に良いといった間違った解釈についてです。

 

 

 

 

レーシックや最近話題のオルソケラトジーについて専門的な意見が述べられています。

 

なかでもレーシックの老眼が早まってしまうことについては初耳でした。

 

 

 

 

誰もが気になる市販の視力回復グッズについても解説されています。

 

 

 

 

 

超音波治療器のフタワソニック、アイパワーなんかは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

この市販の視力回復グッズの高額なものでさえも完璧なものはなく、どれもメリット・デメリットがあるようです。

 

 

 

 

ここからは実際の視力回復トレーニングに入っていきます。

 

まずは簡単な目のストレッチから。

 

場所を選ばずにすぐできるので目を酷使するような環境にいる場合は助かります。

 

 

 

 

いくつかの目のストレッチ方法を紹介した後、いよいよブロックストリングス(実際に使った感想はコチラ)を用いたトレーニング方法の紹介です。

 

 

 

 

どんなにいい方法でトレーニングしてても日ごろ、間違った目の使い方をしているとなかなか効果は出にくくなります。

 

そんな効果が出にくいという方のためにトレーニングの効果を妨げてしまういくつかのポイントの紹介です。

 

 

 

 

最後にせっかく視力が回復していても以前の生活習慣に戻ってしまっては視力を維持するのも難しくなってしまいます。

 

回復した視力を維持するための注意事項の解説です。

 

 

全体を読んでみて多くの教材がマジカルアイのような輻輳解散法であったり視力回復センターで行われている遠方凝視法だったりします。

 

やはり、これらもデメリットは存在しまったく効果がない人もいるようです。

 

遠方凝視法は、最初からある程度遠くが見える視力がなければ全く効果がないのと毎日30分間のトレーニングが必要なので子供には難しいこと。

 

輻輳解散法は、目のレンズ機能を調節している毛様体筋に直接効果がないため、視力回復に限界があるということ。

 

 

ただ、この教材のブロックストリングスを使ったトレーニングは1日たった12分でありながら一番方法が単純で効果も出やすいと感じました。

 

上のようなトレーニング方法を眼科や視力回復センターで高いお金を払うのであれば自宅でこのアイトレーニングを実践するほうがよっぽど経済的だと思います。

 

いろんな視力回復教材がありますがその中でも、一番安くて、ブロックストリングスのようなトレーニングをやりやすくする道具と音声誘導まで付いているのもうれしいですね^^
ブロックストリングスを実際に使ってみた感想はコチラ

 

 

アイトレーニングの購入方法や詳しい視力回復効果などは以下のページにまとめたのでご覧ください。

 

アイトレーニング 田中謹也 詳細ページ