レーシック

レーシック

レーシック記事一覧

レーシックは非常に画期的な視力回復手術としてよくメディアに取り上げられることがありますが、レーシック手術は20未満は受けられないのかどうかという疑問を持っている人もいるようです。レーシックを20歳未満は受けられないという決まりはありませんが、20歳未満の手術を受け付けていないというクリニックは多くあります。一部の医療機関ではレーシック手術は18歳からとしているようなところもあるようですが、若いうち...

レーシックを受ける人の多くが気にしてしまうのがレーシックに必要な費用の問題です。このため、インターネットなどを使ってレーシックの費用の比較をする人も多いですが、この際には絶対に間違えたくない部分があります。それが、決して単純な値段だけの比較をしないということで、これをしてしまうとトラブルが起こる可能性が高まって、場合によっては手術失敗、合併症や後遺症という悲惨な結果に陥ることもあるのです。まず、覚...

レーシック手術が一般的に認知されるようになればなるほど、皆さんが知らなければならないのはレーシックにおける危険性です。レーシックの危険性としては合併症という部分が大きなリスクになるのですが、レーシックが原因で発症する合併症には様々なものがあるので、レーシックに関心がある場合は把握しておくとよいでしょう。レーシックは角膜を手術するため、角膜に関連した様々な合併症を引き起こす可能性があるとされています...

日本のレーシックの歴史は2000年にエキシマレーザー装置が医療機器の承認を受けたことから始まりました。レーシックは角膜屈折率矯正手術といって、角膜の表面を薄く切って、フラップを作りそれをめくります。フラップがめくられると角膜実質層が露出しますので、そこにエキシマレーザーを照射することによって角膜の一部を蒸発させます。これによって角膜中央部が薄くなるため角膜の屈曲率が調整され近視が矯正されるのです。...

レーシック手術に希望を抱くことはとても良いことですが、リスクについて考えることも重要です。レーシック手術のリスクを肌で感じたいと思っているのならば、レーシックの口コミサイトなどに掲載されているレーシックの失敗談について調べてみるとよいでしょう。まず、これらの失敗談を見ていて最も多いのはドライアイやグレアなどによって日常生活にやや支障をきたすというようなものです。特にドライアイに関してはかなり高い確...

レーシック難民という言葉がありますが、レーシック手術の合併症として結膜炎を引き起こしてしまった人もいます。レーシックの失敗談などについてネット上で調べてみると、予想以上のレーシックの合併症で結膜炎を引き起こしたという人が多いことがわかります。中には著名人がレーシック手術で結膜炎を患ったというような例もあって、このような状況を見てもレーシック手術は事前の吟味がとても重要になってくる手術だということが...

レーシックの手術後に起きる後遺症として知られているハロ・グレアという現象をご存知でしょうか。レーシックを受けるならば必ず確認しておいた方がよい現象で、場合によっては辛い後遺症として長きにわたって悩ませられるかもしれないのです。レーシックの後遺症として知られているハロ・グレアについて簡単に説明しておくと、この現象は夜間の光がにじんで見えてしまったり、眩しかったりする現象です。言葉だけ聞けばそれほど大...

レーシック手術を受ける前に絶対に確認しておきたいのが、夜間視力の低下をもたらす可能性があるということです。かなり現実的な確立で夜間視力の低下を感じている人がいて、体験談などを見てもその数の多さが伺えます。夜は自宅で普通に過ごすだけなので、日中の視力さえ回復すれば夜間多少見えなくなる分には問題ないという人もいるでしょう。しかし、これが夜間に仕事をこなすような職業の人にとっては死活問題だといえて、特に...

レーシック手術の合併症には様々なものがあると知られていますが、盲点ともいえる意外な失敗があることをご存知でしょうか。その失敗こそが遠視であって、視力を必要以上に上げてしまったがための弊害です。有名なスポーツ選手の中にもこのような失敗をしてしまった人達もいて、スポーツという目を酷使する行動の中での失敗とあって悲惨な状況になってしまっています。視力が上がる分にはいいと軽く考えていると、この遠視という失...

レーシックの後遺症や合併症には様々なものがありますが、もっとも一般的とされているのがドライアイだといえるでしょう。レーシック手術後すぐから、長期にわたって症状があらわれるようなこともあって、レーシックを受けるのならば、ドライアイと一生付き合っていかなければならないというような覚悟も必要なのかもしれません。レーシック手術を受けた後のドライアイは、手術直後に大きくあらわれて、その後時間の経過とともに緩...

レーシックの後遺症や失敗例として視力が予想より戻らなかったり、視界がぼやけてしまったりすることを知っていますか。レーシック手術で視力が予想よりも戻らなかった場合に考えられることとして、ひとつは自分の体質の問題が挙げられます。しかし、このような体質の人ならば事前にカウンセリングでそのことについてしっかりと指摘している必要があるのです。この体質について知らずにレーシックを受けて視力が予想以上に戻らない...

レーシック手術の前に確実に知っておきたいのが手術のメリットとデメリットです。まずはメリットから見ていきますが、レーシックのメリットで最も大きいのは高い確立で視力回復を望めるということでしょう。単純に視力を回復させるだけならば、非常に高い成功率を誇っているのがこのレーシックとなっていて、眼鏡やコンタクトを常用していたという人達にとっては、その煩わしさから解放されるので、希望溢れる手術に映ることでしょ...

レーシックには大きく分けて二種類のタイプがあるのですが、それがレーシックとイントラレーシックです。レーシック手術に興味があるという人は、このレーシックとイントラレーシックの違いについて調べて、知識を深めておくとよいでしょう。まず、レーシックとイントラレーシックの大きな違いは、使用する機器の違いになり、レーシックはマイクロケラトームという金属のカンナのような器具を使い、イントラレーシックはレーザーを...

品川近視クリニックのレーシックが気になり実際に資料請求をしてみました。>>品川近視クリニック公式ページはコチラ必要事項をすべて入力し申し込みします。ちなみに品川近視クリニックのホームページで資料請求申し込みした直後に届いたメールがコレそれでは届いた資料を開けてみたいと思います。中に入っていたのが、「料金表」「お客様各位」「広告」に「レーシックで視力回復」、「40歳からのレーシック」の冊子が2冊入っ...