アイトレーニングの方法とやり方

アイトレーニングの方法とやり方

 

アイトレーニングの公式サイトはコチラをクリック

 

昔は本やテレビ、現在はスマートフォンや携帯ゲームなどが原因で、ますます子供の視力低下で危機に瀕しています。
視力回復や視力アップの需要は、ますます高まっています。しかし自覚症状も危機感も乏しい子供には難しいものばかりで、手軽にできない視力アップ方法が多いのが難点でした。
手軽にできない視力回復治療を頑張っても改善しないケースも少なくありません。

 

そんな中でも、「子供でも簡単にできる視力回復トレーニング」の第一人者が田中謹也氏です。
田中謹也氏のアイトレーニング法は単純明快で、子供でも気軽に行えます。
もちろん大人でも有効なので、親子で視力低下を抑え、視力アップにチャレンジすることもできます。
簡単なアイテムで楽しみながらできる視力回復トレーニング法アイトレーニングを見てみましょう。

 

田中謹也氏のアイトレーニングに必要なのは、長い組み紐と、紐に通した3色のビーズだけ。(トレーニングキットに付属しています。)
やり方はとても簡単です!

 

1、紐の端を壁や柱に固定し、地面と平行になるよう引っ張る
(椅子に座って行うと、落ち着いてトレーニングできます。出来れば座ったときの目の位置に固定しましょう。)

 

2、距離が異なる3色のビーズを、順番に従って数秒づつ見つめる

 

以上です。(これ以外にも3種類の方法があります)
寝る前に2分ほどアイトレーニングでトレーニングを行い、視力回復を狙います。さらに回復した視力を維持するために、朝昼夜に各3分ほど訓練を行います。
アイトレーニングによる訓練を習慣化するまでは少し面倒かもしれませんが、たった数分の手間なのですぐに慣れるでしょう。遊びながら楽しく資力回復の訓練ができるのも良いところです。
あまりに単純明快な方法で心配になるかもしれません。しかし、このトレーニングで子供も大人も視力回復に繋がります。

 

なぜ、この方法で視力が回復するのでしょうか。
眼の瞳の上下には、毛様体筋という筋肉があります。毛様体筋は瞳のレンズ、水晶体に繋がり、引っ張ったり緩めたりします。
近くを見るときは力を入れて水晶体を縮め、遠くを見るときは緩んで水晶体を広げます。
一眼レフのカメラでは手動でピント調整することもありますが、毛様体筋はカメラマンの調整する手と同じです。しかし、ずっと近くばかりを見ていると毛様体筋が緊張し続け、やがてその場で固まってしまいます。これを放置しておくと水晶体が変形します。
田中謹也氏のアイトレーニングは、毛様体筋のストレッチです。「眼のピント合わせのストレッチ」を行うことで、視力回復はもちろん両眼でしっかりものを見て、遠近感や立体感を捉える力も上がります。
意外と片目だけで見ている人が多く、道や通路のデコボコに気づかず転倒することも少なくありません。それを防ぐためにも視力回復トレーニングはとても重要です。

 

田中謹也氏の視力回復トレーニング法アイトレーニングは、単なる視力回復だけでなく、左右でしっかり見る習慣を付けられるのは大きな利点です。

 

アイトレーニングの公式サイトはコチラをクリック