サングラスとピンホールメガネを使った視力回復方法

サングラスとピンホールメガネを使った視力回復方法

視力が悪くなってしまうと、様々なマイナスがあります。生活にも支障をきたしてしまいますし、集中力を使って生活しなければいけないので、かえって疲れてしまい、集中できなくなってしまう、なんてことも。

 

お子さんの勉強がはかどらないのも、実は視力が悪かったら、なんてこともあるんです。

 

今回は、有効な視力回復方法についてお教えします。何も難しい方法を紹介するのではありません。サングラスを利用したり、ピンホールメガネ、といったアイテムを利用したりするだけなんです。たったそれだけで、劇的に目が良くなる、といった報告もあるほど。

 

では、実際にサングラスとピンホールメガネとはどのようなものなのでしょうか。どのような使い方をするのでしょうか、確認していきましょう。

 

 

視力回復アイテム「ピンホールメガネ」と視力

 

ピンホールメガネとは何か

簡単に言ってしまえば、視力を回復するためのアイテムです。
一見すると単なるアイマスクにも見えるのですが、よく見ると両方の目の部分に5つずつ小さな穴が発見できます。
その空いている穴を使って視力のトレーニングする器具がピンホールメガネなんです。

 

非常に効果が高いことでも知られており、実際に利用している方も少なくありません。

 

近視だけではなく遠視にも効果がある、とされています。さらに老眼に対する効果もあるとされており、疲れ目にも良い結果をもたらす、と言われているんです。

 

ピンホールメガネの使い方

特に難しいことはありません。普段の生活で、定期的にピンホールメガネをつけて生活するだけです。
もちろん家の外では難しいと思うので、家の中にいる時にかけながら生活してみましょう。

 

例えば、

 

・テレビを見ている時
・テレビゲームや携帯ゲーム、スマホゲームなどをしている時
・パソコンを利用している時
・本を読んだり、雑誌を読んだり、漫画を読んだりしている時

 

といったケースに用いてみましょう。
気づいてほしいのは、上記したような行動をしているときって目が疲れたりしますよね。そういった時にピンホールマイクを利用して、目の疲れを軽減する、といったことが大事なんです。

 

ピンホールメガネの小さな穴で眼を鍛えることができる理由

小さい穴の影響で、焦点が合いやすくなるからです。

 

我々は目を使っている時に、目の水晶体に虹彩。いわゆる「光」がたくさん入ってきてしまいます。その結果、光の影響でものが屈折してしまい遠くのものをみるのが非常に大変なんです。そこで見えるようにするためにも、毛様体といった目の筋肉を使ってなんとか見ているわけです。
しかし、いつも毛様体の筋肉を使ってものを見ていると、筋肉も疲労してしまいます。その結果、どんどんと目が悪くなってしまうわけです。

 

そこで出番となるのがピンホールメガネ。前述した虹彩がほとんどはいってこなくなるわけです。小さい穴しかあいていないので、光によって水晶体の凸レンズによる強い屈折が起きません。遠くのものを見たり、細かいものを見たりしたとしても、焦点がバッチリと合うようになります。
毛様体の筋肉も使わないでも綺麗にモノがはっきりと見えるようになり、目の筋肉を使わなくなり、筋肉疲労も徐々に改善されるわけ。結果的に目の疲れも解消し、物が見えやすくなる、といった結果が得られます。

 

知っておいてほしいのは、ピンホールメガネには【毛様体筋の休息】効果がある、という部分です。目の周辺の筋肉をリラックスできるようになり、目の周りの血液のめぐりも良くなります。
血液のめぐりも良くなれば、さらに筋肉が緩んできて目の状況も良くなんです。

 

ピンホールメガネを使う際に気を付けること

急に視力が悪くなってしまった場合には、病気を疑ってください。どんな視力の悪化にもピンホールメガネが役立ってくれるわけではありません。あくまで通常の視力の悪化に対しての効果を発揮するものなんです。

 

・緑内障
・白内障
・糖尿病
・肝臓病

 

上記のような病気で視力が悪化する、ということも十分に考えられます。

 

仮に、ピンホールメガネを一定期間使ったとしても効果が得られなかった、という場合には、眼科などで詳しくチェックしてもらう、ということも大切です。

 

ピンホールメガネは万能ではない、ということも理解してくださいね。

 

100円ショップのピンホールメガネでも視力回復はできるのか?

一時的な視力回復効果は期待できます。
ただし、その効果はピンホール眼鏡をかけているときのみです。外してしまえば元通りになってしまいます。

 

本当の視力回復を目指したいのであれば、しっかりとしたメーカーからでているものを選択しなければなりません。また、ピンホールメガネは家にいる時になるべくつけて生活する、ということも大切になってきます。単に視力回復が出来るというだけではなく、使い心地も良い、といった観点を含めて選択しなければなりません。

 

インターネットなどの口コミを活用して、より良いピンホールメガネを選びましょう。

 

 

紫外線から目を守る方法

目が悪くなる原因として紫外線があります。屋外に出る機会が多い、という方は、紫外線の影響で目が悪くなっているかもしれません。
こちらでは、知れ浴の悪化をサングラスで防ぐ、ということについてお話します。

 

サングラスを使う目的

目の保護のためにもサングラスは利用されています。
眩しいと感じると目を細めますよね。その時に、我々は目の黄肉を使っているのです。その状態が長時間続くと、目が酷使されたのと同じ状態になり、視力悪化の原因となってしまうことも。

 

スポーツ選手の多くが実際にサングラスを掛けてプレーしています。例えば、昼間に長時間屋外でプレーすることの多いプロゴルファーの多くは、実際に紫外線を利用しているのではありませんか。

 

スポーツ選手の場合は、眩しさなどを防ぐための利用もしているのですが、体を守るためにも利用していることは間違いありません。
そもそも、紫外線は目から入っても全身に影響を与える、ということがわかっているのです。

 

例えば、紫外線をお肌が浴びるとメラノサイト(メラニンの細胞)が活性化して、お肌に色を付けることは知っていますよね。実は、目から入った紫外線でも日焼けする、ということも知られているのです。
漁師さんがしっかりと着込んでいるにも関わらず、身体が焼けている、ということがあるのですが、実は目から入った紫外線の影響で、全身のメラノサイトが活性化して、日焼けしていたのです。

 

視力のためにもサングラスは重要ですが、美容的観点からも重要なアイテムです。

 

濃いサングラスと紫外線の関係

イメージとしては、濃いサングラスのほうが目には良いのでは、と思うのではありませんか?しかし、それは誤った知識なので注意してください。

 

濃いサングラスを掛けると、暗くなりますよね。そこで目をしっかりと開くようになるわけです。瞳の部分が開くような感覚ですね。その結果、色の濃いサングラスを掛けているのに、有害な紫外線が入ってきやすい、といった状態になってしまいます。

 

そもそも、UVカット量の多さとサングラスの色の濃さは必ずしも比例しているわけではありません。最近では透明のメガネレンズでも、かなりの紫外線カットが出来るものも開発されています。
ですから、安易に色の黒いサングラスのほうが目に良い、と思って選んでしまうのは非常に危険なことなんです。

 

紫外線をサングラスがカットするしくみ

色が黒いから紫外線がカットされている、というわけではありません。

 

・紫外線吸収剤・・・紫外線を吸収してくれる
・紫外線散乱剤・・・紫外線を反射してくれる

 

上記のような成分をレンズに利用しているものがサングラスなんです。
ちなみに、それらの成分の活用方法についても二つあります。

 

・レンズの上にUVカット成分をコーティングしている
・レンズの中にUVカット成分を練り込まれている

 

コーティングされているのか、それとも練り込まれている、という違いもあるのですが、実は効果の持続性に大きな違いがあるので注意しましょう。

 

コーティングされているだけの場合は、洗ったり、外気にさらされたりことで少しずつ剥がれてしまうんです。しばらくすると、あまり効果が得られない、といった状態になりかねません。
一方で、UVカット成分が練り込まれている場合には、レンズの中で効果を発揮し続けるので、耐久性は抜群です。

 

目の為を考えてサングラスを選ぼうと思っているのであれば、UVカット成分がレンズの中に練り込まれているものを選択すべきですよ。

 

紫外線は視力低下に関係しているのか?

そもそも、病気による視力低下に関係していることは間違いありません。
目の病気として白内障、といったものがあります。長年に渡り、目に紫外線が入ってくることでどうしても発症してしまう病気なのです。
そもそも、80代や90代になるとほぼ100%が白内障を発症する、とされています。若い時に浴びた紫外線の影響が年を重ねるごとに現れてしまうわけです。

 

紫外線には、お肌を老化させる機能があることは知られています。もちろん、目もお肌と同じように細胞からできています。紫外線が目の細胞を老化させる可能性、というものも考えておかなければならないでしょう。

 

紫外線は眼球の角膜にどのような影響を与えるのか?

角膜に傷ができて炎症を引き起こす、といった可能性があります。
もちろん、一朝一夕に炎症が起きるわけではありませんが、長時間炎天下でサングラスやUVカット系のメガネを掛けていなかったり、帽子を被らないで生活をしたりしている、という方はかなり危険です。

 

紫外線の影響で角膜に起こる影響を詳しく解説

「雪目」を知っていますか。
スキーをしている時に、雪に反射した紫外線を目に浴びることで発生してしまいます。実は、それも角膜炎の一つです。

 

ひどくなると、目が充血したり、涙が出てきたり、といった症状が現れてくることも。

 

雪目のように角膜炎の原因が非日常的なもの、という場合には、数日で自然治癒します。しかし、繰り返してしまうとなかなか炎症が改善しないこともあるので注意しましょう。

 

紫外線と白内障の関係

白内障は、長生きすればいずれは発症する、とされていますが、紫外線が進行スピードを早める、とされています。若い時に紫外線をたくさん浴びている場合には、発症する年齢が若くなってしまうのです。

 

白内障は、目の前に霧がかかったように視界が霞んでしまいます。物が二重に見える、といった事もあるんです。

 

完全治癒と言うものは現代医学でも難しいとされており、紫外線対策はしなければなりません。

 

※手術で水晶体を取り除き、代わりの眼内レンズを挿入する、といった手術方法はあります。

 

 

遠くがピンホールメガネで見える理由

 

そもそも視力低下がなぜ起こるのか?

視力低下には、

 

・遺伝
・生活習慣

 

といったものが大きく関係しています。遺伝については比較的分かりやすいでしょう。実際に、メガネを掛けている両親から生まれてきた子供もメガネを掛けている、というケースが多いわけです。
一方で、防ぎようがあるのが、生活習慣による視力の低下です。ピンホールメガネに関しては、その生活習慣による視力の低下に特に大きな効果を発揮するもの、とされています。

 

※ピンホールメガネには、遺伝性の視力低下にもある程度対処できる力はある、とされています。

 

生活習慣による視力の悪化には、「目の酷使」があります。目を使いすぎることによって目の周りの血行が悪くなり、筋肉が萎縮してしまうのです。その結果、焦点が合いづらくなってしまい、目が見えにくくなり視力もダウン。

 

ピンホールメガネは、目の周りの筋肉を少しでも使わせないような対処ができるものです。日頃酷使していた目の周りの筋肉が休まることで、目の周りの筋肉もほぐれ血液量も回復。目の焦点を合わせる昨日も回復して、視界がスッキリとしてくる、というわけです。

 

全員の視力回復が出来るわけではありませんが、目の周りの筋肉の酷使の結果、視力が悪くなってしまった、という方には理論上は効果が出る可能性があります。
視力の悪化で悩んでいるのであれば、チャレンジしてみる価値は十分にありますよ。

 

ピンホールメガネで視力は1日で回復可能か?

1日での視力回復は不可能です。1日では、少し目の疲れが軽減したかな、程度の効果しか得られないでしょう。

 

ピンホールメガネの視力回復効果がしっかりと現れるまでには、最低でも1ヶ月から2ヶ月。平均すると3ヶ月から6ヶ月程度はかかるでしょう。

 

1日あたり数分から10分程度の利用でも良いので、とにかく利用を続けてみてください。

 

効果が現れるまでには個人差もあるので、中には1年程度粘り強く利用してみてやっと効果が現れ始めた、という例もあります。

 

そもそもピンホールメガネは、レーシック手術のように外科手術で視力を回復させているわけではありません。イメージとしては、サプリメントを利用して健康効果を得る、美容効果を得る、というものに近いものがあります。

 

1週間や2週間の利用で効果がないから、ということで諦めないでください。せめて1ヶ月から2ヶ月は利用して、「疲れ目が軽減した」程度の効果でも現れたら、そのまま利用を続けるべきです。

 

 

視力回復と毛様体筋の関係性

ピンホールネガネと視力の関係をより深く考察していきます。
具遺体的なピンホールメガネを利用した視力回復のトレーニング方法も掲載するので、すでにメガネを持っている、という方も要チェックです。

 

視力回復と虹彩筋の関係性

虹彩筋は、光量を調節する、という機能があります。ですから、仮に虹彩筋がしっかりとした機能を果たしていない場合には、なかなか焦点が合わずにぼやけたまま見えてしまう、といった状態になってしまいます。虹彩筋を立て直さなければ、視力回復は難しい、というわけです。

 

ピンホールネガネは、光量の調節を行ってくれます。光量を極端に少なくすることで、ピントが合いやすくなるわけです。そのような状態を長く続けることにより、虹彩筋も疲労から開放されるようになり、普通の機能を果たしてくれるようになります。そして、視力回復に至ります。

 

虹彩筋が衰える原因

主原因と行っても良いのが老化です。年齢が高くなると、目がしょぼしょぼしやすくなってしまいます。そのショボショボの原因が虹彩筋の衰え、というわけ。
しかし、老化が原因ということは、個人差がある、ということですよね。そして老化は防げますし、トレーニングすれば若返りがはかれます。

 

視力回復メガネを使ったトレーニングの方法

視力回復メガネ。いわゆる、ピンホールメガネを1日あたり数分間から10分間程度利用すれば視力が良くなる、といった話を聞いたことがある、というかたも多いはずです。もちろん、生活の一部に取り入れるだけでも、効果が期待で切ることは間違いありません。しかし、ピンホールメガネをもっと有効的に使う方法があります。

 

ピンホールメガネを使ったより効果的なトレーニング方法

・ピンホールネガネを着用する

・片方1つずつの穴に5秒間ほど遠くに視点を合わせる

・ピンホールメガネの穴の縁に焦点を絞り込んで5秒程度見つめる

・左右の5つずつの穴ごとに上気したものを繰り返して行なうこと

 

上記は目の体操、と言っても良いかもしれません。目の筋肉である毛様体を鍛えることが出来、さらにほぐすことも出来るトレーニング方法です。
ピンホールメガネはつけているだけでは、着用している時だけ普段よりも目が見えやすくなる、といった状態になります。着用しているときだけではなく、継続して目が良い状態にするためにも、トレーニングを1日1回は必ず行なうようにしてください。

 

寝る前の日課にする、といったことでも構いません。継続して行なうことが、視力回復を手助けしてくれるわけです。

 

トレーニングをする時間帯

朝はまだ目が元気な場合が多いので、効果を発揮するのは夕方以降です。目が疲れた時に実施すると、より高い効果が期待で切る、といった状態になるわけです。

 

夜にテレビを観ていて「目が疲れてきたなぁ。」と思ったらトレーニングしてみましょう。新聞を読んでいて、「目がしょぼしょぼしてきたなぁ」、と思ったらトレーニングしましょう。
我々は毎日のように目を酷使しています。トレーニングすることで目を休めて、目の疲れから開放されてみませんか。

 

ピンホールメガネの種類

・穴が無数に空いているタイプ
・穴が5つ空いているタイプ
・穴が一つ空いているタイプ
・アイマスクタイプ
・メガネタイプ
・ゴーグルタイプ
・パソコン用タイプ
・温熱タイプ

 

ピンホールタイプの眼鏡といっても一つではありません。特に注目すべきは穴数です。穴が沢山空いているタイプもあれば、穴が一つしかないタイプもあるんです。

 

【穴が無数に空いているタイプのメガネ】
100円ショップでよく見かけるピンホールメガネに関しては、穴が無数に空いている状態です。網戸を拡大したような感じのものですね。
穴が無数に空いていているものは、ピンホールメガネの根幹でもある「遮光」といった機能が果たせません。様々な角度から光が目に入ってきてしまうので、効果は薄い、と考えられるわけです。100円ショップのピンホールメガネがだめ、と言われる理由です。

 

穴が5つ空いているタイプのメガネ

最もスタンダードなピンホールネガネ、と言っても良いかもしれません。
穴が片方に5つずつなので、光の量もしっかりと調節できます。さらに、それらの孔をみることで、目のトレーニングにもなります。
どのピンホールネガネがいいのか悩んでいる、という方は、まずは5つ孔の開いたタイプを選択しましょう。

 

穴が一つ空いているタイプのメガネ

遮光性は抜群ですが、目のトレーニングは出来ません。一つの穴を見つめるしか出来ないからです。
家の中で一つしか空いていないメガネをかけてテレビを観たり本を読んだり、ということはあまりおすすめできません・

 

アイマスクタイプのメガネ

アイマスクタイプなので、遮光性は高いです。また、例えば、眼鏡とは異なるのでそのまま持ち運びやすい、といった特徴もあります。壊れにくいわけです。
メガネタイプだとプラスチック製も多いので、割れたりすることもありますが、アイマスクタイプには、そのようなデメリットはありません。

 

メガネタイプのピンホールメガネ

通常のメガネを使っている感覚で利用できます。
遮光性には少し問題はありますが、特に大きなデメリットはありません。

 

普段からネガネをかけている、という方には特に受け入れやすいかもしれません。

 

ゴーグルタイプのメガネ

アイマスクと同様に遮光性はかなり高いです。
穴以外の光をシャットアウトできるので、効果は田会、と考えられます。
ただし、ゴーグル部分が割れてしまう可能性もあるので、持ち運びや管理には気をつけなければなりません。

 

パコンタイプのメガネ

パソコンを見る用のピンホールメガネですが、一般のメガネタイプのものと大きな変化はありません。穴の空いている部分が丸みを帯びているデザインのものが多いです。

 

温熱タイプのメガネ

密着タイプのアイマスクのものが多くなっており、目の周辺の当たる部分にはゲルマニウムを配しています。目の周りを暖めることによってき肉をほぐし、さらに血行もよくしよう、というものです。

 

 

ピンホールメガネと子供の視力回復

子供の視力回復を願っている親御さんは多いと思います。こちらでは、ピンホールメガネによる対策や視力低下を予防するコツなどを徹底解説します。

 

子供の視力回復にピンホールメガネはおすすめか?

ゲームなどで疲れてしまった子供の目を休める、といった意味合いでは非常におすすめです。ただし、アクションゲームなどをする時にピンホールメガネを使うと、かえって見えにくくて操作しづらい、といった状態になってしまいかねません。

 

子供の視力回復のためにピンホールメガネを利用させよう、と思っている場合には使う場面を限定させる、ということが重要です。例えば、部屋でじっとしている時に利用させてみたりすることで、目の疲れが和らぎます。その繰り返しを行なうことで、子供の目も疲れにくくなります。目の周りの筋肉も凝りがほぐれるような状況になるので視力の回復が目指せる、と言うわけです。

 

すぐに効果が現れるわけではないので注意してください。1回利用したからといって、すぐに遠くのものが見えるようになるわけではありません。効果が現れるまでにはそれなりの時間がどうしてもかかってしまいます。

 

早期受診が子供の視力低下には必要な理由

早期の治療で回復する可能性が高くなるからです。そもそもなぜ、目が悪くなっているのかというと、最近では仮性近視、と呼ばれるものが増えてきています。目を使う頻度が増えてきており、もともとの近視というわけではなく疲労によって視力の低下が起こっているのです。

 

しっかりと目を休めればもとに戻るのですが、疲労状態が続いてしまうと、固定化されてしまいます。本やテレビを、目を疲労させながら凝視している、といった状態になりかねません。

 

仮性近視については、眼科でもしっかりと検査して確認することができます。点眼薬を利用して、毛様体筋(目の筋肉の一つ)を一時的に弛緩させます。弛緩させた状態でチェックすると、視力低下は仮性近視によるものなのか、それとも普通の近視なのかが判断できます。
仮性近視であれば、目を休めるような対応を子供にさせることも可能ですよね。ピンホールメガネを使った対策、というものも積極的に採用できるわけです。

 

検査自体は特に痛いものでもありません。簡単にできるものなので、子供の目が悪くなってきたらまずは眼科に連れていきましょう。目が悪くなっている原因を知る、ということも極めて重要ですよ。

 

子供の視力低下を予防するコツ

・必要であればメガネを掛けること
・ゲームをする時間やテレビを見る時間を制限すること
・バランスの良い食事を与えること
・姿勢を正しくさせること

 

メガネでの視力矯正で視力の低下を抑える

必要であればメガネを掛けさせる、ということが重要です。確かに、ピンホールメガネでの対策もおすすめですが、目が悪いのに裸眼のままで生活させると、どうしても目を細めてしまうんです。目の周りの筋肉を使うことになるので、疲労してさらに視力を悪化させてしまいます。
「メガネをかけたら、目が悪くなるんじゃないの?」と思っている方も多いかもしれません。しかし、適切な度数で去勢をすれば視力が落ちることはない、というのが定説です。無理をしてメガネを掛けないのはよくありませんよ。

 

ゲームとテレビの利用

最きのこともはスマホなどを利用して、ゲームを1日あたり何時間も行っています。その結果、目を酷使してしまい、視力低下を招いています。
ゲームをさせない、テレビを観させない、ということはできないでしょう。そこで時間を制限することが大切です。例えばゲームは1日あたり1時間まで、といったことを前もって決めるわけです。
その分目を休めることにもつながり、視力低下を予防できます。

 

目に良い栄養素を摂取させる

目に関しても様々な栄養素が関わっています。特にアミノ酸のシステインと言うものは、目の修復に大きな役割を果たしているのです。システイン不足になってしまうと、目は劣化したままの状態となってしまい、結果的に目の状況が悪化してしまいます。
子供は特に育ち盛りでもあります。バランスのよい食事を与えてください。

 

椅子や机の高さを合わせること

姿勢が悪いと血流にも影響を与えてしまいます。目の周りの血の巡りが悪くなってしまうこともあるので、対策をたてなければなりません。
子供に関しては、成長しているので椅子や机があっていない、ということも多いです。高さを定期的に調節して、子供の姿勢を正しくしましょう。

 

 

>>視力回復トレーニングはコチラをクリック